ページトップへ

うつ病に対しての理解や病院での治療方法についての正しい知識を持とう

もっと知りたいうつのこと
うつ病とは

日本はストレス社会といわれています。会社だけでなく学校やバイト先、クラブ、サークル、至る所で人間はストレスを感じそれと共に生きています。このストレスは健康を害したり、病気を呼び寄せたりしてしまう非常にやっかいな存在ですが、中でもストレスからくる病気の中で1番面倒なものにうつ病があります。
このうつ病は誰しもがかかってしまう可能性がある上に、自分自身でその予兆に気づくことは非常にまれとなっています。自覚出来るようになった時点でうつ病は相当に悪化している状態にあり、回復までに相当な時間がかかってしまうこともあります。この病気は日本で最も患者数が多いともいわれている病気であり、自殺者の原因1位でもあります。
日本が一番うつ病患者が多い重症国であるにもかかわらず、日本が一番メンタル面での病気に関しての理解、治療やその体制、フォローなどが一切できていない国でもあります。病院に通うことも中々難しいような人もいれば、周囲からの偏見に悩まされてしまうこともある厳しい病気です。

このうつ病は明確に完治したという印がわかり辛く、本人の気持ちで判断する以外に方法がありません。ですからこの病気にかかれば相当に長い間一緒に共存する必要があるのです。中には1度かかれば一生うつ病と隣合わせになりながら状態が悪くならないように調整して生活する必要が出てくることもあります。
しかし、この病気は不治の病ではありません。治療したり正しく休息をとったりしていればだんだんと状態は良くなります。治療の為には1人でいるよりも周囲の人間に病気が改善するように協力したり、病気に関してのそもそもの理解を深めて貰う必要があります。
1人1人がうつ病という病気に理解を持つこと、そして理解していくことによって状態は改善していけるようになります。コレは誰がいつかかってもおかしくない病気な上に、自覚しないままに頑張り続ければ突発的に自殺してしまったりする場合もあります。

鬱病にかかってしまった場合、本人が自覚することもしないこともありますし、本人は気づいていなくとも周囲にいる人間が様子の変化に気付いてしまうこともあります。同じ病名のうつ病といえど、人によってその反応はまちまちとなっています。ですからうつ病について勝手なイメージを持ち、患者さんに心ない言葉を浴びせてしまうような無粋な人もいます。そんな初歩的なミスを無くす為にも正しい病気への理解を広めて全員が全員に優しくあれる世界を目指す必要があります。
鬱病にかかると単純に落ち込んだり、無気力になったりするだけではなく不眠症になったり、それにくわえて更に精神疾患を患ってしまうこともあります。精神的な病気は次から次へと様々な病気を呼び寄せてしまうことも多いですから、早期発見と早期治療が必要です。
これは単純にウイルスの侵入による発熱などとは違い、原因と治療薬や対処方法がわかっているものではありません。その人がうつ病になってしまった原因、そしてそれを癒やす為に必要なことを探る所から始める必要があります。
この病気の治療には心療内科や精神科での診断や治療が必要になってきますが、中には病院へ通うこと自体がストレスになっている人もおり、全員が全員同じ治療歩法が通用するというわけではありません。また、カウンセラーによってその人の中に蓄積しているストレスを解消するような方法もありますが、他人と話すことが嫌だったり、カウンセラーとの相性が悪かったりとこちらも定番の治療方法として万人に使えるものではありません。
焦りや不安を煽るようなこと、そして本人を攻めたりするようなことはNG行為となっています。この病気にかかって思ったように動けなくなる。それによって辛い思いをしているのは周囲の人間ではありません。1番しんどい思いをしているのは本人に違いないのです。

鬱病患者の人の精神は常に不安定であり、日によって症状は変わります。1日目には無気力で何もできなかったのに。2日目になると少々気力が湧いてきて動けるようになっている場合もあります。しかし、3日目には更に回復しているかというとそうではありません。ですから常に落ち着いた環境で見守る以外に方法はないのです。
中にはいっけん元気になっているようにみえる場合もありますが、鬱病患者の人が突然元気になるのは非常に危険な状態であることを表しています。突然前日や数時間前とは違うように明るくなった場合、躁鬱へと転換した、もしくは自殺への決意が固まって吹っ切れた状態になってしまっていることがあります。
基本的に鬱病に関しての常識として鬱患者の人間が最も自殺する確率が高いのはどん底から少々浮上し、再度鬱状態に指針が振りきれたときだといわれています。このときの周囲の対応や本人に起こったことによって改善するか悪化するかが決まることもあるような重要な部分ですから、対応を間違わないようにしっかりと鬱と言う病気に関しての理解を深めて下さい。

  • 心の風邪
  • 原因
  • 症状
  • 治療方針
  • 薬について
  • 併発する病気