ページトップへ

うつ病に対しての理解や病院での治療方法についての正しい知識を持とう

悩む女性

薬について

うつ病の治療薬には様々なものがあり、今でも新しい薬が開発され続けています。うつ病の治療薬はいくつかの種類に分けることができ、最も利用されているのが抗鬱剤という薬です。抗鬱剤の中でも今主流として使われているのがSSRIと言われるセロトニンの再取り込みを阻害するものです。
セロトニンは自分の脳内に分泌され、勝手に再度吸収されるようになります。上記の治療薬を利用することによりセロトニンの再吸収を防げば、自然と脳内に存在しているセロトニンの数は多くなり、それによって鬱状態が改善されるようになります。

他のアプローチをしてくれる抗鬱剤も存在しています。セロトニンでは無く、様々な神経伝達物質を活発かつ円滑に動くようにすることでセロトニンの分泌も他の成分の分泌も正常な量に戻してくれる薬です。
これに加えて抗不安薬などを服用する人も多く、更に寄るには睡眠薬を利用する人もおります。これらの治療薬は服用する人によっては気持ちの落差が激しくなってしまったり、副作用で1歩も動けないだるさに見舞われてしまうこともあります。ですから病院でしっかりと相談し、相性が悪いと感じた時点で服用を止めるようにして下さい。