ページトップへ

うつ病に対しての理解や病院での治療方法についての正しい知識を持とう

医師と看護師

原因

どうして人はうつ病になってしまうのか、それには人それぞれ原因があります。まず1つ目として元々からうつ病にかかりやすい体質の人がおります。うつ病の原因はセロトニンという脳内物質の減少が関係しています。風邪をひきやすい、引きにくいという人がいるように、元々から脳内物質のセロトニンが少ない人間は多少のことでこの分泌物が減少すると鬱状態になってしまうことがあります。
体質的にうつ病にかかりやすい人の場合は、治療用のセロトニンを増やすことが出来る薬を飲むことにより劇的に症状を改善させることが出来るようになります。

次に多いのが衝撃的な出来事に出くわしたことによるPTSDからのうつ病です。この場合はそこで起こった問題が改善したり、時間の経過、周囲のフォローによって改善することもあります。しかし、改善しないままうつ病が悪化してしまうような場合もありますから、注意しなければいけません。

最後が最も現代の日本で多いタイプのストレスによってうつ病になってしまうものです。ストレスによってかかるうつ病は精神的なトラウマやかなり深いキズになってしまっていることがあり、少々のことでは改善できないという問題があります。病院で治療を受けるのも有効ですが、人によっては病院での治療を今後の傷になる、履歴書で問題になるからと利用しない人も多いです。
生活がかかっているからとそのまま働き続け悪化してしまう人も相当に多いです。病院へいくお金や時間が無い環境に置かれている人もおり、切羽詰まっている状態で過ごしているとだんだんと症状が悪化し突然限界を迎えて衝動的に自殺してしまうような人もおります。
これは社会人ばかりでは無く学生にも起こることが増えており、若すぎるうちに鬱状態になってしまった人は周囲もフォローできなかったり、世間体を気にして学校へいくことを矯正されたりして壊れてしまう人もいます。この時代にトラウマを作ってしまうと大人になってからも一生鬱と付き合っていかなければいけない状態になることも多く、しっかりとフォローしておかなければ後々に更に大きな問題になります。
たった1つの病気で人の人生が大きく変わってしまうこともある程に恐ろしいのがうつ病です。